ハウスメーカー・工務店お役立ちコラム

ハウスメーカーや工務店などの住宅事業者向けに要チェックな情報やコラムを紹介しています。気になる情報へ積極的にアクセスしてサービス向上へ活用してください。

ハウスメーカー・工務店におけるアフターサービスの重要性

住宅事業者の仕事は施主へ住宅を引き渡して終わりではありません。むしろ住民が生活を始めてから生じる問題に対して、どれだけ迅速かつ誠実に対応するかで口コミ・評判が変わったり、企業イメージが変わったりといった影響が生じます。また、子どものいる世帯なら、やがてその子どもが次の顧客になることもあるでしょう。

ここでは住宅事業者におけるアフターサービスの重要性をまとめました。

ハウスメーカー・工務店の
アフターサービスの重要性について

顧客離れの原因対策

新規顧客を獲得するためには、既存の顧客を維持するよりも5倍のコストがかかると言われています。だからこそ顧客離れの対策を講じることが大切です。顧客離れが起こる原因は仕事や対応に不満があるケースや、予算が合わないケースなどが考えられます。そのため要望に沿った提案を行う、親身に対応するなどの対策を取るようにしましょう。

顧客離れの
原因対策について

住宅業界における差別化戦略

住宅業界において、競合他社が持っていない自社の強みや魅力を積極的にアピールして他社との違いを顧客へ伝えていく「差別化戦略」は重要です。ここではハウスメーカーや工務店といった住宅会社がどのようなポイントに注意して差別化戦略をプランニングしていくべきか、多角的に解説していますのでぜひ参考にしてください。

住宅業界における
差別化戦略について

顧客から求められる水回り設備とは

住宅の建築プランやリフォームプランなどを住宅メーカーとしてアドバイスする際、キッチンや浴室・洗面所、トイレといった水周りの設備に関する内容も重要です。顧客のニーズへ寄り添って水周り設備のデザイニングやプランニングを考えられるよう、ここでは顧客から求められる水周り設備の考え方や例についてまとめました。

顧客から求められる
水回り設備について

工務店の仕事の取り方

事業規模や営業エリアが限られる工務店の場合、新しい仕事を獲得するチャンスを逃すことなくつかめるよう、普段から意識しておくことが大切です。ここでは地域密着型の経営スタイルを基本とした工務店やハウスビルダーにとって、基本的な仕事の取り方やプロモーション戦略、見込み客へのアプローチ方法などを解説しています。

工務店の仕事の
取り方について

ZEHビルダー・プランナーとは

ZEHビルダーはエネルギー効率の高い住宅の建設するため実務と監督を担当します。一方、ZEHプランナーは設計段階でエネルギー効率を最適化させるためのエネルギーシミュレーションを実施します。ZEHビルダー・プランナーは連携して持続可能な住宅を実現し、エネルギー効率を高め、環境への負荷を軽減します。ここではZEHビルダー・プランナーについて解説しているため、ぜひ参考にしてください。

ZEHビルダー・プランナーについて

ハウスメーカー・工務店経営における課題と対処法

ハウスメーカーと工務店経営における課題は人材不足、市場規模の減少、資材不足、そしてIT化・IoT化への対応です。これらの課題に対処するためには、DX化を推進し、労働環境を改善する取り組みが必要です。ここではハウスーメーカーと工務店経営における課題とその対処法について詳しく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

ハウスメーカー・工務店経営における
課題と対処法について

住宅展示場に出展するメリット・デメリット

住宅展示場に出展するメリットとして、集客コストの安さ、知名度・信頼性の向上、営業スキル・設計スキルの向上などが挙げられます。一方、デメリットとしては出展費用や競合他社との競争、展示場の維持費用、出展にかかる労力や時間が挙げられるでしょう。ここでは住宅展示場に出展するメリット・デメリットを解説するため、ぜひ参考にしてください。

住宅展示場に出展する
メリット・デメリットについて

工務店がフランチャイズに加盟するメリット・デメリット

工務店が経営の安定化を図るためには、フランチャイズに加盟するという選択肢が挙げられます。フランチャイズでは本部が所有する商品・サービスやノウハウを直接活用することができる、自社商品の提供に手間がかからないメリットがあります。ここでは、工務店がフランチャイズに加盟するメリット・デメリットを解説しています。

工務店がフランチャイズに加盟する
メリット・デメリットについて

ハウスメーカー・工務店に有効な集客方法とは

ハウスメーカーや工務店は、事業の拡大を図るうえで集客が鍵となります。安定的な集客を行うためには、自社独自のカラーや強みを効果的に打ち出していく必要があり、顧客の見極めも重要になるでしょう。ここでは、ハウスメーカーや工務店にとって有効な集客方法について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ハウスメーカー・工務店に
有効な集客方法について

ハウスメーカー・工務店におけるホームページ作成のポイント

ハウスメーカーや工務店は、日本全国の競合他社と差別化を図るため、そして顧客との出会いを目指すために、自社独自のホームページをしっかりと作り込むことが大切です。ホームページの内容を充実させられれば、顧客に信頼感を与えられます。ここでは、ハウスメーカー・工務店がホームページを作成する際のポイントについて解説しています。

ハウスメーカー・工務店における
ホームページ作成のポイントについて

住宅業界の今後について

新型コロナと少子高齢化の影響を受ける住宅業界は、市場縮小、人材不足に直面しています。海外展開やリフォーム市場の拡大が今後の展望として予想されており、3Dプリンター建築技術やIoT住宅の普及が、変革の鍵として期待されています。ここでは、住宅業界の今後について解説しているため、ぜひ参考にしてください。

住宅業界の今後について

ハウスメーカー・工務店が着目すべき平屋需要

近年、平屋住宅の人気が上昇しています。家族構成、ライフスタイルの変化や、プライバシー、耐震性など平屋の利点が評価されているためです。ハウスメーカーや工務店は商品の種類を増やし、価格を見直すこと、バリアフリーの設計に力を入れること、そして防犯対策をしっかりとることが求められています。ここでは、平屋住宅の需要について解説しているため、ぜひ参考にしてください。

ハウスメーカー・工務店が
着目すべき平屋需要について

工務店における空き家の活用

空き家の問題は日本で深刻化しており、工務店はこの現状をしっかり把握し、どう活用するかを考える必要があります。空き家を使うメリットは収益を上げること、建物の倒壊を防ぐこと、家の価値を高めることがあります。ただし、家の修復に費用が発生する、利益が出ないなどのリスクもあります。ここでは、空き家の現状と活用するメリット、デメリットについて紹介しています。

工務店における
空き家の活用について

グリーンビルディングとは?

グリーンビルディングは、環境問題に配慮した建築物や敷地などのことです。グリーンビルディングには複数の認証制度があり、これらの認証を取得することで企業のイメージアップにつながります。また、グリーンビルディングの導入は雇用の増加や建築業者の市場拡大など、さまざまなメリットがあります。

グリーンビルディングについて

ハウスメーカー・工務店が着目すべきバリアフリー住宅の需要

少子高齢化や将来的な住宅計画、減税目的などから。バリアフリー住宅を建築したいと考える人が増えています。しかし顧客側は、バリアフリー住宅に対応している工務店を探すことが難しいという課題を持っているようです。バリアフリー住宅の需要を満たすべく、工務店側での対象が必要になります。

ハウスメーカー・工務店が着目すべき
バリアフリー住宅の需要について

工務店の集客のための営業戦略について

工務店の集客は、既存顧客からの紹介を待つだけではなく、営業戦略を立てて実践することが重要です。自社ホームページの運用やSNSの活用、住宅展示場への出展など、営業戦略にはさまざまな方法があります。自社の強みをアピールすることで見込み顧客の獲得につながります。

工務店の集客のための
営業戦略について

工務店のカタログ・パンフレット作成について

工務店の商品やサービスを紹介するために、カタログやパンフレットを作成することがあります。カタログ・パンフレットを作成する際には、見る人にとって分かりやすいレイアウトや写真・イラストの活用などがポイントです。集客数を増やすためには、オンライン版も作成して、自社の公式サイトに掲載するとよいでしょう。

工務店のカタログ・パンフレット
作成について

住宅業界におけるDX推進について

幅広い業界で推進されているDXは、住宅業界にも求められています。DXの推進により、人手不足の解消や業務の効率化などにつながるほか、インサイドセールスにも大きな効果が期待できるからです。ハウスメーカーや工務店の規模に関わらず、DXの推進は大きなメリットをもたらしてくれるでしょう。

住宅業界における
DX推進について

工務店の人手不足について

工務店を含む建設・建築業においては、人手不足が課題となっています。少子高齢化や建設・建築業の仕事に対するイメージ、経営難などが原因です。若手の人材を採用して、人手不足を解消するためには、育成体制の改善や労働環境・雇用条件の見直し、DXの推進などの対策が必要です。

工務店の人手不足
について

工務店のブランディング戦略について

スマホなどの端末で簡単にインターネットを用いて簡単に情報収集できるようになった現代は、他社との差別化を図ることが顧客獲得において重要になります。そのために自社の強みを前面に出したブランディング戦略を行うことが有効です。ターゲットを絞り込み、画像やデザインなど、PRする媒体の制作にこだわることで、自社のサービス必要とする顧客を掴むことができます。

工務店のブランディング戦略
について

工務店のLINE公式アカウントの活用について

近年、LINE公式アカウントを作成・運用している工務店が増えています。顧客への情報発信はもちろん、顧客のニーズをリサーチする、期間限定クーポンを配信するなど、幅広い用途で活用できる点が魅力です。電話番号や住所よりも、顧客の連絡先を集めやすいというメリットもあります。基本的に無料で利用できるため、気軽に運用を開始できます。

工務店のLINE公式アカウントの活用
について

住宅業界のクレーム対応について

住宅業界で発生するクレームは、設備に関する内容が多いです。クレームが入ったら、原因の追求や事実確認の前に、まずは謝罪をして顧客に不安な思いをさせてしまったことをお詫びしましょう。さらにこまめな連絡を行い、迅速に対応策を提案することで、顧客に安心感を与えられます。クレームが生じないように体制を整えておくことも重要です。

住宅業界のクレーム対応
について

工務店のInstagram活用について

画像投稿を中心とした運用がメインのInstagramは、工務店の集客ツールとして有効です。施工事例を掲載することはもちろん、施工中の画像も掲載すれば、ユーザーはより自社の施工への理解を深められます。ビジネスアカウントで運用すると、アクセス数などのデータを取得してより効率的な集客に生かせるほか、有料の広告掲載も可能です。

工務店のInstagram活用
について

工務店のYouTubeの活用について

動画コンテンツの需要は年々上がっており、今は検索サイトでテキストコンテンツよりもYouTubeの動画コンテンツのほうが上位表示されるほどです。工務店のPRにおいて、施工事例などを動画でわかりやすく伝えられるYouTubeは有効なツールだといえます。施工事例や自社の思いなどを積極的に配信して、集客に活かしましょう。

工務店のYouTubeの活用
について

ハウスメーカーや工務店が着目すべき規格住宅の需要

すでに用意されている規格プランから好みのタイプを選び、低コストで注文住宅を建てられる規格住宅の需要が高まっています。テレワークエリアの確保や世帯年収の低下などさまざまな要因が影響していますが、規格住宅はコストパフォーマンスが高く、メリットの多い建築方法です。高まり続ける需要を満たすために、プランの充実やターゲットに伝わりやすいブランディングを意識することが求められます。

ハウスメーカーや工務店が着目すべき
規格住宅の需要について

工務店のMEO対策について

工務店の集客活動の一環として、MEO対策の重要性が高まっています。Googleのローカル検索で上位表示されることで、そのエリアで工務店を探している見込み顧客に有効なアピールができるからです。MEO対策は無料で行えることに加え、エリアによっては競合が少ないところもあるようなので、ぜひ早めに取り組みましょう。

工務店のMEO対策について

工務店のブログの活用について

ブログを運用している工務店は多いと思われますが、より集客を意識した運用を行うことで、潜在顧客や高い成約率が期待できる見込み顧客を掴める可能性があります。そのためには、ターゲット像を明確にすること、SEOを意識したコンテンツを作成することなど、ポイントを抑えた運用が重要です。施工事例を掲載する際の掲載画像にも力を入れて、魅力的なブログを定期的に更新しましょう。

工務店のブログの活用について

ハウスメーカーや工務店が着目すべき二世帯住宅の需要

共働き家庭が増えたことや、費用面の負担などから、二世帯住宅の建築を検討する人が増えています。二世帯住宅を建てたいけれどハウスメーカーや工務店が見つからないと感じている見込み顧客に向けて、WEB広告やブログ、SNSを活用した効果的なアプローチが必要です。また、親世帯と子世帯双方の希望を満たす設計やデザインの提案力も求められます。

ハウスメーカーや工務店が着目すべき
二世帯住宅の需要について

ハウスメーカーや工務店のキャッチコピーについて

集客を狙ったハウスメーカーや工務店のブランディングにおいて、キャッチコピーの作成は欠かせません。シンプルでわかりやすく、自社の強みを前面に出したキャッチコピーは、「この会社に建ててほしい」という思いを持ったユーザーからの問い合わせを狙えます。本記事では、キャッチコピーを作成する重要性と、作成時のポイントを解説します。

ハウスメーカーや工務店の
キャッチコピーについて

なぜハウスメーカーや工務店の顧客からローコスト住宅の需要が増えているのか?

ローコスト住宅は家を建てる予算を抑えることができるほか、改築・増築に踏み切りやすいなど、さまざまなメリットがあります。多くの見込み顧客がローコスト住宅に注目しており、今後も需要は高まっていくと予想されます。ローコスト住宅建築を検討している見込み顧客を獲得するには、公式サイトやSNSで情報発信をすることが有効です。

なぜハウスメーカーや工務店の顧客から
ローコスト住宅の需要が
増えているのかについて

ハウスメーカーや工務店が着目すべき全館空調システムの需要

住宅全体の室温をある程度一定に保つことができる全館空調システムは、一般住宅への導入を検討している人が増えています。ヒートショックを起こしにくい、間取りを自由に決められるなど、多くのメリットがあります。メリットと同時にリスクもありますが、高気密・高断熱住宅と合わせること、また施工事業者が確かな技術と知識を身につけることで、リスクを回避できます。

ハウスメーカーや工務店が着目すべき
全館空調システムの需要

信頼性で選ぶ
住宅設備保証会社3選

信頼できる住宅設備保証会社3選

2022年1月24日時点で「住宅設備保証」と検索した際に表示される会社のうち、下記条件に当てはまる会社をピックアップして紹介。

  • 自社もしくは親会社が株式上場している(市場分類は不問)
  • IR情報などで保証料の期間按分による収益の安定化を謳っている
  • 自社で保証サービスを運用している(アウトソーシングを受けていない)
住宅業界関係企業の
課題解決をサポート
サービスの設計相談も可能
ジャパン
ワランティサポート
ジャパンワランティサポート公式サイト
引用元:ジャパンワランティサポート公式サイト
https://www.jpwsp.com/
業界問わず
完全自社運営でサービス提供

JBRグループ各社と協力し、ハウスメーカーや住宅事業者に限らず、商社や量販店、ネット量販店、リフォーム業者など、住宅設備に係わる多くの業界・企業に保証サービスを提供。

エンドユーザーの悩みを解決するために、サービス拡充にも積極的に対応。

ジャパンワランティ
サポートの公式サイトで
サービス詳細を確認

電話で問い合わせる
03-5204-0915

住宅設備だけでなく
家電製品や
PCの延長保証にも対応
SOMPOワランティ
SOMPOワランティ公式サイト
引用元:SOMPOワランティ公式サイト
https://www.sompo-swt.com/common/housing.html
家電や時計・PCも保証対象

対応できるプランは異なるものの、SOMPOワランティが保証対象としている各種設備メーカーの数は、実に546社。2022年2月8日調査時点

SOMPOホールディングスグループの強い経営基盤とリスク管理体制が特徴。

SOMPOワランティの
公式サイトで
サービス詳細を確認

電話で問い合わせる
03-5209-1130

住宅事業者に特化した
延長保証会社
日本リビング保証
日本リビング保証公式サイト
引用元:日本リビング保証公式サイト
https://jlw.jp/
住宅設備保証事業で
10年超(※2022年時点)の実績

2009年から新築住宅向けの延長保証サービスを提供し始め、2017年11月時点で累計約3,500社※公式サイトよりの住宅事業者と提携。

事業者独自にのポイントを発行し、リフォームや備品買い替えに活用できるプランの提案など、対住宅事業者に特化したサービスを展開。

日本リビング保証の
公式サイトで
サービスの詳細を確認

電話で問い合わせる
03-6276-0401

※各種保証の対象・条件は設備メーカーが設定しているメーカー保証に準じます。詳細は各保証会社に確認してください。